募集中

5/18スタート!日常に活かせるサバイバル力をつけよう。親子でも参加可能な狩猟&アウトドア【食育】クラス

2019 年 05 月 18 日(土) 〜 3回

募集中

こんにちは!コーディネーターのGOE(細越)です
この度新しいクラスを始めます。一言で言うなら
「生きていくために<本質的に>必要なことを学び、生きてる実感と、獲って食べる喜び味わい尽くすクラス」です!

そうですねえ、、、このクラスに参加したら、参加者のみなさんはきっとめちゃくちゃ仲良くなるだろうなあーと思いますし、クラスの最終日、お別れの際にはすごく切なくなっちゃうはず。そしてその切なさも含めて大きな学びになると思っています。はい。

さてここで突然ですが、みなさんに質問です!

サバイバルファミリーという映画をご存知ですか?
ウォーターボーイズを始めとする数々の名作を生んでいる矢口史靖監督の2017年の作品です。

あらすじは以下の通り。
“いきなり電気が使えなくなった都会に住む主人公一家。最初は「すぐに元に戻る」といって都会での生活を続けるが、一向に回復する見込みがない。そして、電気が使えない都会ほど生きていくのに不便なところはないことに気付く。身寄りがある鹿児島県まで自電車で向かうが、都会の生活に慣れているためサバイバル生活は困難を極め…”

https://youtu.be/x6mh1RgA6t8
(気になる方はぜひ予告編をどうぞ笑)

映画ではありますが、私たちはこのような事態を2011年に未曾有の大震災で経験しているので、現実に起きることとして容易に想像出来るのではないでしょうか。

現在の便利な生活は、電気が使えることを前提に成り立っています。
しかし、便利な生活のせいで奪われてしまうこともたくさんあります。

例えば、親子との会話であったり、綺麗な星空であったり、ご飯の美味しさを感じる余裕であったり。

みなさんにお聞きします。

最後にいつ、両親と直接会話をしましたか?
最後にいつ、綺麗な星空を見て「きれ~い!」と思いましたか?
最後にいつ、スマホをいじらずに友人と会話し、ご飯の美味しさを味わったでしょうか?

これらは「意識しないと見つけることが出来ない日常に潜む美しさ」と言い換えることが出来るかもしれません。

そして、いま親になった人、これから親になる人にお聞きします。

子供と一緒にどんな時間を過ごしたいですか?
子供はどんな風に育って欲しいですか?

今回、講師を務める「猪鹿庁合同会社」代表の安田大介さんも以前は名古屋でサラリーマン生活を送っていました。
しかし、子供が生まれたことをきっかけに「大人って楽しそうだな」と子どもに思ってもらえる生き方がしたいと、豊かな森と川に恵まれた岐阜県郡上市に5年前に移住されました。いまは「半猟半X」という、生活の半分は狩猟、もう半分は別の仕事をする生活をされています。

-「大人って楽しそうだな」と子どもに思ってもらえる生き方がしたかったから。猪鹿庁合同会社・安田大介さんが選んだのは「半猟半X」という暮らし
(photo by 秋山まどか)


田植えも暮らしの一部(写真提供:安田さん)

安田さんのお話や、僕自身友人達と話していきながら、
特に、父親が子供と接する時間が極端に少ないのではと感じるようになりました。

家族と仕事はそもそも比較すること自体がナンセンスかもしれません。
とはいえ、一緒に暮らしの時間を共にしたり、わからないことを一緒に学び合える時間は
何よりもかけがえのないものだと、僕自身も実感しています。

ですので、本クラスでは全3回に分けて、いざという時やアウトドア遊びと時などに「父ちゃん、かっけえ!!!」と言って貰えるクラスとして企画しました。
子どもと一緒に学び、遊び、自然とともに自分たちも生きていることを味わってみませんか?

こんなことが学べる・身につくクラスです

具体的には下記5つのことが確実に身に付けられます。
・キャンプ(テント・タープ等の設営、火起こしやアウトドア料理、道具選び)の基本スキル
・狩猟の始め方や注意点、罠猟、銃猟、獲物(鹿や鳥)の解体等の基本スキル
・カヌー&川下り・川旅の楽しみ方と基本スキル
・BBQインストラクター的なアウトドア料理、猟師メシの調理スキル
・災害時に必須となるサバイバル(ナイフの使い方やブッシュクラフト)の基本スキル

講座日時・内容は以下を予定してます


狩猟講座の様子(狩猟免許の種類、銃の使い方、火の起こし方、野外調理の仕方等もりだくさんです)


【解体教室】 鹿や鳥を実際に解体し、獲物からお肉になるまでを実際に体験。「いただきます」を心から自然に言えるようになりますよ。


【銃の講座】 現役猟師から銃の扱い方や撃ち方を楽しみながらリアルに体験。


【火起こし術】や【炊飯術】、【野営術】、【ブッシュクラフト】などキャンプやアウトドア遊びの中でスグに実践できる技術が沢山学べます。非常時にはあなたと大切な人を守れる技術です。ワンランク上のキャンプ術を身に着けちゃいましょう。


【ナイフの使い方】や【五寸釘のナイフ作り】、【空き缶アルコールストーブ作り】など、アウトドア遊びや緊急時に必須となる道具の選び方や使い方、さらには作り方も学べます。


【自然農野菜の収穫体験】自分でとって、料理して、野外で仲間といただく味は格別です。


【川遊び&カヌー体験】夏の講座では川遊びも。とった魚や野菜は自分で作ったナイフでさばいてみましょう。


【猟師的BBQ講座】現役猟師&BBQインストラクターによる、すぐに仲間や家族と試したくなる、豪快で旨いBBQ講座、料理教室もやります。


命をいただく猟師メシ。

こんな人にオススメ!です!

・頼れる!パパになりたい方
*ママや、独身の方、パパ・ママ予備軍の方も、モチロンOK!
・子ども目線に戻って、自然の中で親子で思いっきり遊び、学びたい方
・本物の食育体験をしたい&させたい方
・非常時だけでなく、日常に活かせる自活力とサバイブする力が欲しい方
・上記の知識、技術を仲間やお子さんと楽しみながら、一気に身につけたい方
・都市部と地方での2拠点居住、または地方への移住を考えている方

開催概要

日時

第1回 5月18日(土)
第2回 6月15日(土)〜6月16日(日)*1泊2日開催
第3回 7月13日(土)〜7月15日(月・祝)*2泊3日開催

座学編:5月18日(土)12:45受付/13:00〜17:00(*初日終了後、別途懇親会開催)
実践基礎編:6月15日(土)11:30受付/12:30〜翌日12:30(1日目夕食、2日目朝食付き)
実践応用編:7月13日(土)11:30受付/12:30〜翌々日12:30(1日目夕食、2日目朝食・昼食・夕食、3日目朝食付き)

【宿泊について】
実践基礎編、実践応用編では、郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場に宿泊します。
宿泊費:1泊1人2,500円(テント・寝袋・マットのレンタル無し)
宿泊費:1泊1人3,500円(テント・寝袋・マットのレンタル有り)
*食事付き、当日支払い/レンタル品及び参加費別

*テントは相部屋になります。(男女別。親子の場合は同一テント可。)

【持ち物について】
実践編では以下の道具を事前に各自ご用意ください。
・モーラナイフ(アウトドアナイフ コンパニオンシリーズ ステンレス)

会場

【座学編】
greenz harajuku
住所:115-0001東京都渋谷区神宮前2-19-5アズマビル1階
または都内/山手線近くのフリースペースを予定。会場は決まり次第受講生/本ページで更新します。

【実践基礎編、実践応用編】
郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場
住所:〒501-4202 岐阜県郡上市八幡町市島2426

《お車の場合》最寄のIC「郡上八幡IC」より、車で約10分。
《高速バス(名古屋駅から)の場合》名古屋駅より「濃飛バス」にて「郡上八幡インター」で降り、タクシーで約10分。
※タクシーをご利用の場合は、八幡タクシー(0575-65-2516)を事前にご予約下さい。

参加費

5/18&6/15-17の2回参加/55,000円(ピープル割50,000円)
全3回参加/70,000円(ピープル割63,000円)
早割 ¥50,000(2回)/¥65,000円(全3回)
12歳以上は大人と同金額、11歳以下はそれぞれ半額となります。

※ピープル割は、greenz.jpを寄付でサポートしてくださる読者限定です。まだの方もこれ機にぜひ◎ 先着2名まで。→グリーンズの寄付読者制度「greenz people

※早割は4月15日申し込み分まで適用となります。

定員

24名
*お子様は5歳以上で参加可能。なお、参加者(保護者)の方が責任をもってみていただけることが必須となります。
*お一人のご参加も歓迎します。その場合18歳以上でご参加可能です。

※最低開講人数は12名。申し込みは先着順です。開講の決定は初回授業の1週間前までにご連絡いたします。

申し込み方法

決済ページにて申し込み手続き・事前アンケートをご記入ください。お申し込みはこちらから


※キャンセルについて
決済後〜開講1週間前までは全額返金、開講まで1週間以降のキャンセルは返金なしとなりますのでご了承ください。
※決済はVISA、MASTER、JCB、AMEX、Paypal、コンビニ/ATMが利用可能です。
※確認・開講のご案内メールが、迷惑メールに振分けられてしまうケースが多発しています。 迷惑メールフォルダをご確認いただくか、または greenzjp[at]gmail.com、school[at]greenz.jpからメールを受け取れるよう、受信設定をお願いいたします。
※企業や法人研修でのご参加の場合は、決済サイトより領収書発行が可能です。詳しくはコチラ

 

申し込み締切

5月13日(月)22:00

※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申込み下さい。

みなさんのお申込みをお待ちしています!

ご質問がある方は、school @ greenz.jp まで!
※グリーンズの学校【よくある質問】まとめました!まずはこちらをご確認ください

【スタッフ】

◎ 講師

安田大介(猪鹿庁合同会社代表)

猪鹿庁合同会社代表。自身の生業として狩猟を行いながら、さまざまな狩猟ワークショップを多数開催。郡上八幡にあるリバーウッド・オートキャンプ場管理者としても働き、半猟半Xの暮らしを実践している。第一種銃猟・罠猟免許所持。

◎ コーディネーター

細越雄太(株式会社農業企画代表)

「農業の魅力をもっと身近に」をコンセプトにした株式会社農業企画代表。農業を食や教育、コミュニティなどと掛け合わせて真面目にふざけて企画している。日本での農業経験はもちろん、アメリカ、ベトナム、タンザニア、フランスでの農業経験を持つ。