募集中

約3年ぶりに現場で開催します!

グリーンズ流の作文・編集術を半日に凝縮した「作文の教室(1DAY初級編)」@東京

2022 年 10 月 22 日(土) 〜 1

募集中

「作文の教室(1DAY初級編)」は、ローンチしてから16年、記事発信実績7000本以上のウェブマガジン「greenz.jp」が大切にしてきた「作文力=執筆力+編集観察力」の重要ポイントを半日で学べるクラスです。

#作文 #編集 #校正 #ライター #コピーライティング #観察スキル #広報 #ブログ #記事 #ウェブマガジン #共生 #共創 #アート思考 #ファンベースマーケティング #物語 #探究 #読後感のデザイン #行動を促すメディア #コラボレーション #社会とつながる #自分とつながる #マインドセット #在り方 #ジャーナリング
 

誰もが学校教育で学ぶ機会がある「作文」。日記や読書感想文、卒業論文など、作文によって経験や学びを棚卸ししアウトプットすることを、かなり多くの方々が経験していると思います。

しかし。

どのようにその文章を魅力的にするか。
どのように「自分だからこそ書ける」ものにするか。
どのようにより多くの人びとに読んでもらい、社会とつながるきっかけにするか。

そういったことを探求し学ぶ機会は、あまり多くないのかもしれません。

では、自分自身をより高い解像度で見つめる。
より多くの読者を獲得する。
関わっている会社やコミュニティや地域の魅力を広げ、共感してくれる仲間を増やす。
そのために必要なこととは何なのでしょう?

「greenz.jp」の回答は、文章そのものを書くスキルと、書こうとしているトピックを編集・観察する感覚を同時に養うこと。このメソッドを提供するクラスが「作文の教室」です。

クラスを監修するのはgreenz.jp編集部で、唯一全記事の校正に関わる副編集長・スズキコウタ。今回はgreenz.jpライターとして活動してきた水野淳美が、スズキコウタと共同で講師をつとめます!

長くオンラインでのみ開催していましたが、このたび約3年ぶりに現場に講師と受講生が集まって学ぶ場づくりを再開することになりました! ぜひこの機会をお見逃しなく。


▲現場での開催の様子

こんな人にオススメ!

・書くこと、表現することの楽しさを知りたい人
・自分の書いた文章をプロに添削してもらいたい人
・ブログやSNS投稿などのクオリティを上げたい人
・「この人の素敵な活動をもっと広めたい」という思いがある人
・自分が運営するプロジェクトのビジョンを、もっとうまく伝えたいという人

こんなことが学べるよ!

・執筆スキル
・自分が伝えたいことと向き合い、可視化する機会と時間と方法
・文章を書いて発信することの本質的価値

これまでの受講者からの声

・記事を見る目が変わりました。構成や書き手の思いについても考えるようになりました。
・1DAY講座なのにこんなに盛りだくさんでいいの? という感じでした。終始和やかな雰囲気で楽しんで学べました。
・書くことを、他の方に教わったのは初めてでした。「型」を知ることは、伝える幅が広がることだなぁと感じました。

あなたの「伝えたい!」を形に

はじめまして、こんにちは! 「作文の教室」(1DAY編)を監修しているスズキコウタです。このクラスは2017年から展開してきた「作文の教室ゼミ」で教えていることの一部を凝縮した半日版です。

新しい社会をつくりたい。
新しい価値観を提案したい。
共感できる仲間や顧客やパートナーと出会いたい。
そんな思いで、NPOやベンチャー企業やマイプロジェクトを立ち上げたり、そういう団体・企業に属している方に僕は多く出会います。

そんな彼らの奮闘する様子を見ていて思うのは、クリエイティブになる方法やマネタイズも大事だけど、自分の考えをどのように表現し波及させていくかどう自分と社会をつなげていくか。その思考方法および発信方法を我流でなく、きちんと学ぶ機会を持つことで、もっと飛躍できるのに‥‥‥もったいない! という歯がゆく思っています。(上から目線ですみません)

だからこそ「作文の教室」は、ライターや編集者を志す方だけの居場所にはしません。ライターを志している方だけでなく、ブログをもっと広げていきたい方、自分のウェブサイトに掲載する文章をブラッシュアップしたい方、会社に提出する企画書のクオリティを上げたい方にもオススメします。

執筆や編集スキルを職能として身につけるだけでなく、書くという表現によって社会を前進させる人びとを増やすべくこのクラスを開いています。なので、受講頂く方々には文章を書いて社会とつながるとは何なのか?と考える時間と、たしかなスキルの習得を同時に実感いただける機会を提供する。このふたつを大事にしています。

スキル習得に特化することは変化・成長を手軽に実感できる一方で、書き手の独自性や文章の深みを生み出すためには、「自分は何者か?」「何を伝えたいのか?」と深く考えることもとても大事です。そういった自分と社会を見つめ直す機会になるはず。

ぜひみなさんで、その「伝えたい!」を形にする時間を楽しみましょう。

気になるクラスの内容をご紹介!

プログラムは、最大5時間ほど。学びを最大限深めるために、事前・事後の宿題をしていただくことを推奨しています。1DAYクラスで学び・考えることができるのは、以下の3点です。

(1)「私にしか書けない」を見つける方法
(2)文章を書く前の下準備
(3)実際に書いてみる! (講師からのフィードバックを含む)

クラス冒頭では、僕らのメディア「greenz.jp」において、記事とはどういう役割を持つのか。その制作の舞台裏や秘訣を伝授します。そのうえで、みなさんがどんな目的意識で参加することになったのかお話を伺いながら、クラスで学ぶ目標を決めていきます。

休憩を挟んで後半は、3〜4名でのグループワークが2セッションつづきます。まず最初に取り組んでもらうのは、文章を書く前の情報整理に有効なブレスト作業。手持ちの情報を整理するだけでなく、自分はなぜ書きたいのか、読み手にどんな思いになってほしいのか、特に伝えたいことは何なのかと考えることも含みます。この整理・準備作業の丁寧さと精度が、原稿でのアウトプットにも大きく影響するのです。

そして最後は、同じグループで1000〜1500字の原稿にアウトプットするワークです。事前に情報を整理していて、そして僕らが用意するテンプレート(いくつかパターンをご用意!)を参考に取り組んでもらうので、初心者・未経験者でも楽しくできるはず。

僕や水野さんは”講師”という役回りになりますが、”講師と受講生”という関係でなく、僕たちもみなさんから学びたいと思っています。垣根を取っ払い、お互いフラットな関係で楽しめる学びの場になるといいですね!

講師

スズキコウタ(greenz.jp副編集長)
水野淳美

ラーニングサポーター

greenz challengers community

当日のプログラム

・チェックイン
・グリーンズとは?
・ヒット記事はどう生まれたか。実例を交えた解説
(休憩)
・ワークショップ1 – 「わたしにしか書けない」を見つけよう
・ワークショップ2 – みんなで記事を書いてみよう:所定テンプレに沿った作文ワーク
・グループ発表ー講師の簡易添削
・チェックアウト
(※)事前宿題あり。当日の受講生のニーズに合わせて、プログラムをアレンジする可能性があります。

開催概要

日程

10/22(土)13:00〜18:00

会場

greenz Chiyoda
東京都千代田区神田錦町3-21 プラットフォームスクウェア 4F
・竹橋駅(東西線)3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分
・神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線)A9出口より徒歩7分
・大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線)C2b出口より徒歩8分

(※)オンラインでの録画・中継・配信はございません。
(※)会場のキャパシティは25名ですが、今回は10名で初期設定いたします。会場内でのマスクの着用、およびソーシャル・ディスタンスにご配慮ください。

参加費

一般 ¥8,000
greenz people(U25)割 ¥5,000

※greenz people(U25)割は、25歳以下のgreenz peopleの方が対象です。先着3名様までとさせていただきます。
※「greenz people」はNPO法人グリーンズの会員の名称です。月額1,000円の会費で、スクール参加費の割引などさまざまな特典を受けることができます。さまざまな特典がありますので、まだの方はこれを機にぜひ◎
「greenz people」について
※参加費には、受講前・後の校正サポート、および講師によるオリジナル教材(複数あり/PDFで配布)も含まれます。

受講者の特典

・講師自ら作成したオリジナル教材や資料の配布
・「作文の教室ゼミ(2023年1月以降開講予定)」への割引価格でのご案内
・1度だけ、講師がみなさんの原稿を校正するスペシャルサービス!(各々のブログ等での活用も大歓迎!)

定員

10名
※申し込みは先着順です。定員に達し次第申し込みを締め切らせていただきます。
※最低開講人数は6名です。開講の決定は初回授業の1週間前までご連絡いたします。
※新型コロナウイルスの感染者数などを鑑みて、開催日直前の延期や中止、定員の増減が発生する可能性があります。

申込み締切

10月17日(月)23:00
※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申込み下さい。

申し込み方法

下記「申し込む」ボタンをクリックしてお申し込み後、決済をお済ませいただきましたら、正式受付となります。 ※決済はVISA、MASTER、JCB、AMEX、Paypal、コンビニ/ATMが利用可能です。

関連記事

あなたの文章に関する悩み、どしどしお寄せください! グリーンズメンバーが寄り添い解決に導く「作文の相談室」連載を始めます
書くことを仕事にするには、どんな努力が必要ですか? 「作文の相談室」第2回
「書く」は辛いけど、楽しいからやめられない。日本全国で「作文の教室」を主宰してきた、greenz.jp 副編集長・スズキコウタの作文術

 

【スタッフ】

◎ 講師

スズキコウタ(greenz.jp副編集長)

greenz.jp副編集長。greenz.jpの企画・マネージメントの責任者として、3000本を超える記事の編集、広告の作成、ワークショップ設計に携わる。2015年より、作文力〜編集力を鍛える「作文の教室」を始めとするゼミクラスを日本全国で展開。その300人を超える卒業生は、編集者・ライター・社会起業家・非営利団体の運営などで活躍している。2020年、社会の閉塞とグリーンズのマンネリを解決するべく、第2編集部として「greenz challengers community」を結成。 2019年「しあわせの経済」国際フォーラム実行委員、2021年「ローカリゼーションデイ日本」実行委員。 2019年「しあわせの経済」国際フォーラム実行委員、2021年「ローカリゼーションデイ日本」実行委員。音楽活動やマンション経営にも取り組み、この数年のマイブームはアローングルメ。

◎ 講師、ナビゲーター

水野淳美(greenz.jpライター)

1993年生まれ。しゃべることが苦手な自分にとって、「書くこと=自己表現」ということに気づき、そんなふうに、誰かが自分の想いや考えを表現できる手段をみつけたり、育てたりするお手伝いをしたいと願い、「作文の学校」にたずさわる。そのほか、千葉県市原市でまちづくりにも関わり、ライター、編集、企画などとしても活動中。自分の心動く瞬間を求めて、時々ふらっと旅に出る。海の中の青い世界が好き。