募集中

地域資源をいかした仕事をつくろう!

「にしたま創業キャンプ@はむら」

2017 年 08 月 20 日(日) 〜 2回

募集中

こんにちは!グリーンズスタッフの高橋です。

東京都の青梅市・羽村市と共催の週末起業スクール「にしたま創業キャンプ」
今年も8月に東京都羽村市で開催することになりました!
2016年度の参加者の中からは、現在3組が実際の創業に向けて、準備をすすめています。

暮らしと仕事がつながるまち・羽村 で事業づくりにチャレンジしてみませんか?

にしたま創業キャンプとは

グリーンズではこれまで、「自分ごと」から、事業をつくる会社、起業する個人を多く取材してきました。それは大きくみれば社会課題であったり、もっと素朴なひとりひとりの興味関心ごとまで、スタートはそれぞれ。でも、どれも誰かから借りたものでない、自分自身の等身大のテーマからスタートしています。

今回の舞台である羽村では、「女性の起業」「多世代交流」「コワーキング」「こだわりのあるお店」など、職住近接や身近な暮らしに根ざした事業が多く見られるのが特徴です。

大事な風景を受け継ぎ、自分たちの手で残していく。東京・羽村市の「中車水車小屋」が地域の拠点に生まれ変わるまで

suisya01
長く地域に親しまれてきた水車小屋は、新たなコミュニティの居場所となっています。(photo:袴田和彦)
 

モデルハウスは子育てママの“挑戦の場”。羽村の日替わりカフェ「杜」を訪問しました

IMG_4703-e1498723612682
羽村駅の隣、小作駅にある住宅メーカー「健幸工房シムラ」は、モデルハウスをイベントスペース・日替わりカフェとして開放することで、子育て中のお母さんたちに挑戦の場を提供しています。

ゲスト講師について

今回の創業キャンプのゲスト講師は、3組です。

赤ちゃんと飲める日本茶をつくる!をコンセプトに、地元羽村市で起業したRICCO Japan 増田真梨さん
ご結婚や出産といった暮らしの変化の中から、どのように事業のコンセプトを見つけ、形にしていったかをお伺いする予定です。

非営利型株式会社Polaris 市川望美さん・大槻昌美さんからは、地域で自分らしく、暮らしと仕事の両立をはかるママたちの働き方やコミュニティについてをお話頂きます。

クリエイターや多様な人材が集まる 福生のまちづくりNPO FLAG 佐藤竜馬さんからは、
クリエイティブな視点で地域コミュニティづくりや事業づくりにどのように携わっているのか聞いてみたいと思います。

この創業キャンプでは、地域資源をいかした事業を立ち上げたい方はもちろん、佐藤さんのようにデザイン(グラフィック、建築、等)を生業としながら、地域でのプロジェクトや事業立ち上げに関わりたいという方も対象としています。(羽村、青梅市在住の方はもちろん、市外でも関心がある方からのご参加をお待ちしてますよ!)

IMG_5229-1440x960-720x480
2016年開催・にしたま創業キャンプ@青梅のグループワークの様子。
 

当日の流れ

まずはグリーンズ小野から、これまでgreenz.jpで取り上げた地域資源をいかした起業事例をレクチャーでお伝えします。
そして、自分の暮らすまちを舞台に起業・事業を仕掛けてきたゲスト講師から「事業を立ち上げ時の企画のコツ」「継続する仕組みづくり」「お金の話(とても大事!)」など、リアルな起業のポイントをお話頂き理解を深めていきます。
その後、グループに分かれて事業計画を練ります。既にご自身の興味関心ごとがある方は、お持ちいただいても構いません。
ターゲットやコンセプト・そして事業計画を、スピード感を保ちながらつくることで、次の一歩を踏み出します。
(講師陣もメンターとして都度アドバイス予定です)

この講座ではじめの一歩を獲得できるもの

・事業をつくるための地域資源を発見する目線
・事業を立ち上げるための企画力、構想力
・ひとを巻き込みながら継続していく力
・基本的な収支計画のつくり方や資金調達の方法 等

こんな思いを持っているかたにオススメ!

・羽村の地域の魅力で、新たな事業を生み出したい
・自分の暮らすまちで、新たなチャレンジをしたい
・自分の興味関心に根付いた商売を始めたい

今回のスクールは、2015年よりスタートした東京都 青梅市・羽村市との共同企画です。
自分の暮らすまちで、興味関心や地域の魅力に紐付いた仕事を始める方を応援してきました。
次はあなたが、地域資源をいかした「仕事づくり」をはじめてみませんか?

【主催】
プラチナ未来スクール実行委員会
※青梅市・羽村市共同事業

– INFORMATION –

関連プログラム開催について
最後までお読み頂きありがとうございました。
今後の関連プログラムについてもひと足早くお届けします!


(1)にしたま創業キャンプ@青梅 9/30(土)-10/1(日)、開催決定!
講師にはトレックリング沼倉正穀さん成木カフェ澤田佳久さんRun boys! Run girls!の桑原慶さんをお迎え。
アウトドアや自然豊かな青梅の魅力から事業づくりにチャレンジできます。
昨年の創業キャンプ@青梅の様子はこちらからご覧ください。

(2)10月スタート!「スタートアップラボ@西多摩 by グリーンズ」
にしたま創業キャンプで生まれた事業計画を、専門家のサポートも交えながら日常的に学び合う創業支援サポート
「青梅・羽村スタートアップラボ」がはじまります。

【スタッフ】

◎ 講師

佐藤竜馬(NPO法人FLAG副理事長)

東京都福生市生まれ。都市デザインなどの基本構想におけるアーバンデザインのコンサルティング、地域活性化のブランディングを軸にNPO法人FLAGでは、米軍ハウスや旧アメリカンヴィレッジのランドスケープデザインを研究する事業「Dependents Housing ENGINEER SECTION」を柱に、米軍ハウスをリノベーションしたレストランで開催するバーベキューパーティー「BACKYARD BBQ Milking Party!」や、地域の農家から直接食材を購入できるファーマーズマーケット「GO TO LOCAL MARKETS」などを企画運営を行う。

◎ 講師

市川望(右)(非営利型株式会社Polaris取締役ファウンダー)

IT企業勤続9年を経て、妊娠・出産を機に子育て支援NPOに参画。当事者として、子どもの成長に合わせて女性に訪れるライフステージの変化を実感し、独立を決意。2010年、内閣府が開催する社会起業家向けのコンペティションに通り、2011年から地域で多様な働き方を生む支援の場づくりをスタート。2011年8月にcocociオープン。コワーキングスペースのほか、事務経験者200名が登録するクラウド型ネットワーク「セタガヤ庶務部」、子育て目線で地域情報の提供や物件を案内する「くらしのくうき」などを運営

◎ 講師

大槻昌美(左)(非営利型株式会社Polaris 代表取締役)

ロコワーク事業部担当。1976生まれ。大学卒業後、一般企業にて6年勤務、出産を機に退職。2005年に地域で活動をする人たちの多様な「はたらく」に出会い、子連れボランティアを始める。子育て支援グループamigoの産褥シッターやNPO法人せたがや子育てネット理事、保育スタッフ、ひろばスタッフなども経験。「チーム」ではたらくことで引き出る力の凄さを実感、よりその人らしさが発揮できるチームビルディングと暮らしを価値に換えるしごと創りを実践中。

◎ 講師

増田真梨(RICCO Japan)

1983年生まれ。静岡県浜松市出身、東京都羽村市在住。老舗お茶屋に嫁ぎ、煎茶の面白さに惹かれる。日本茶検定1級。社団法人日本茶インストラクター協会認定日本茶アドバイザー。茶道歴15年。2014年出産。2016年、日本茶ブランド RICCO Japan(リッコジャパン)を立ち上げ、「母と子のためのオーガニック日本茶」を発売。出身地である静岡県の上質な日本茶を、こどもと楽しむスタイルを提案する。 子育てにオーガニックな日本茶を。お茶はこどもの繊細な味覚を育てます。赤ちゃんと一緒に淹れて飲める、オーガニック日本茶は「オシャレでかわいく・かんたん」を伝えるため、2016年11月、母と子のためのオーガニック日本茶サロンをスタート。

◎ コーディネーター

小野 裕之(greenz.jpプロデューサー/NPO法人グリーンズ事業統括理事)

岡山県生まれ。中央大学総合政策学部卒業後はウェブサイトなどを制作するベンチャー企業に就職。09年より、greenz.jpに転職し、12年にはgreenz.jpのNPO法人化にともない理事として経営に参画。NPO法人グリーンズの事業戦略と組織づくり、企業や行政に向けた事業の開発や営業、オペレーションの責任者。ライフワークとして、ソーシャルなスタートアップビジネスの事業化を支援。

【日時】

2017年8月26日(土)、8月27日(日)*2日間開催
26日(土)9:30受付/10:00〜17:00(*初日終了後、別途交流会開催)
27日(日)9:30受付/10:00-17:00

【タイムテーブル】

8/26(土)
9:30 受付開始
10:00 開会式
主催の羽村市・青梅市よりご挨拶/ガイダンス(グリーンズ小野)
11:00 〜17:00
ゲスト講師によるレクチャー、グループにわかれての事業計画づくり。
18:00 交流会(市内別会場にて開催)

8/26(日)
9:30 開場
10:00 レクチャー及びグループワークの続き
15:00 最終プレゼン予定※時間は前後する可能性もあります
16:30 チェックアウト(2日間通しての感想など全員で共有)
17:00 終了
*詳細スケジュールは随時更新します。
*予定は変更の可能性もありますので予めご了承ください。

【会場】

・羽村市産業福祉センター(26日)

・羽村市コミュニティセンター(27日)
*公共交通機関を利用してお越しください。

【参加費】

2,000円(昼食付/初日交流会費別)
※Peatixで事前決済をお願いしています。

【対象】

20〜40代の方で、下記に関心のある方。
・羽村の地域の魅力で、新たな事業を生み出したい
・自分の暮らすまちで、新たなチャレンジをしたい
・自分の興味関心に根付いた商売を始めたい
・地域を舞台にクリエイティブな仕事を始めたい(グラフィック/空間デザイン、建築、コミュニティデザイン等)

【定員】

10名(羽村市在住:4名 青梅市在住:4名 その他地域在住:2名)

【参加方法】

申込はこちらから!(事前決済をお願いしています)
*申込みフォームの必須項目(志望動機等)ご記入をお願いします。

【申し込み締切】

8月23日(水)22:00
※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申込み下さい。