終了

藤野地域通貨よろづ屋と学ぶ

「コミュニティ経済と地域通貨クラス」1月27日(水)開講!

2016 年 01 月 27 日(水) 〜 6

終了

みなさん、こんにちは。greenz.jp編集長鈴木菜央です。告白しますが、僕、地域通貨ナメてました。「地域通貨って、2000年ごろにブームになったやつでしょ?」と。ですが、藤野の地域通貨「よろづ屋」の盛り上がりを見て、びっくりしました。みんながつながり、いろんなモノやことがシェアされ、小商いが動き、環境への悪影響が減る。みんなが疲弊して不幸になるグローバル経済でなく、みんなが幸せになるローカル経済になりつつある。こんなすてきな取り組みが数百人にも広がっている。まさに、「ほしい未来は、つくろう」をみんなでやっているんです。そんな事例を学んで、みんなが幸せになる経済をDIYしませんか? かく言う僕も、密かに準備しています!

「幸せになる経済とコミュニティをつくろう」を合言葉に、みんなで学ぶワークショップに、一緒に参加してみませんか?

【スタッフ】

◎ 講師

栗田健一(地域通貨の専門家)

外務省経済局国際経済課勤務。川崎市立看護短期大学非常勤講師、東京農業大学非常勤講師、1976年東京生まれ。杉並区在住。北海道大学で経済思想史や開発学について学び、地域通貨に関する論文で博士号(経済学)を取得。これまで日本と世界の地域通貨について調査し、貨幣と心理の関係について考えを深めてきた。現在は、お金と子どもの教育にも関心を寄せる。クラフトビールが大好き。

◎ 講師

池辺潤一(地域通貨よろづ屋事務局)

地域通貨よろづ屋事務局立ち上げメンバー、藤野電力の名付け親。田舎暮らしをするために土地を探していて藤野にたどり着き、トランジション藤野の活動に参加するようになる。仕事は建築家。学校法人シュタイナー学園の理事も勤める。

◎ ファシリテーター

鈴木菜央(NPOグリーンズ代表、greenz.jp編集長)

NPOグリーンズ代表/greenz.jp編集長 千葉県いすみ市在住。家族4人で35㎡のタイニーハウス(車輪付き)にて、小さくて大きな暮らしの実験中。著作に『「ほしい未来」は自分の手でつくる』

◎ ファシリテーター

高橋靖典(地域通貨よろづ屋事務局)

地域通貨よろづ屋事務局。子どもの学校法人シュタイナー学園の入学に伴い藤野に引っ越し。地域通貨よろづ屋に参加したことで、多くの新しい繋がりが生まれ、様々な地域活動に関わる事に。現在の興味は地域内での仕事づくり。アーキタイプ株式会社代表取締役、農業生産法人 藤野倶楽部取締役、ふじのアート・ヴィレッジ、藤野里山交流協議会などの運営にも携わる。