募集中

beの肩書き@オンライン vol.0(トライアル版)

2019 年 03 月 01 日(金) 〜 1回

募集中

「beの肩書き」@オンラインはじめます!
こんにちは!「beの肩書き」筆者の兼松佳宏です!
新しい年を迎え、2019年のほぼ毎月、「beの肩書き」を気軽に体験できるオンラインワークショップをはじめることにしました!

「beの肩書き」に興味はあるけれど、何からはじめたらいいかわからない。本は買ってみたけれどまだワークをできていない。ひとりでワークをやってみたけれど他の人とやってみたい。そんなみなさんにお届けする単発クラスです。ビデオ会議ツール「Zoom」を使って、3人組でのグループワークと全員での共有を行ったり来たりしながら、自分らしいbeの肩書きを見つけてゆきます。

このミニクラスに参加することで、初めてのbeの肩書きを持てたり、よりしっくりくるbeの肩書きが見つかるかもしれません。ぜひみなさんのペースで、何度でもご参加ください◎

必ずお読みください
・オンラインという形式上、映像や音声、インターネットの通信速度がワークショップの場づくりにかなり影響します。あまり慣れていないという方は、あらかじめ友人や家族とテストしていただくのもオススメです。

・ワーク当日はなるべく3人ひと組でのグループワークの時間をしっかり確保したいと思っています。そのため、こちらの個人ワーク(40〜60分ほど)を事前に済ませていただくようお願いしています。

・お申込み後、みなさんの都合によって参加できなくなった場合、また、みなさんのPC環境の不具合によってうまく参加できなかった場合の返金はお受けしておりません。予めご了承ください。

もろもろお手数をおかけしますが、ご協力のほど何卒よろしくおねがいいたします。

 

今後の開催日(予定)
※各回の内容は基本的に同じものになります。
※お申込みは各回ごとになります。イベント終了後、次回の受付を開始します。

・2019年4月1日(月)19:00 〜 21:30
※5月は休み
・2019年6月3日(月)19:00 〜 21:30
・2019年7月1日(月)19:00 〜 21:30
・2019年8月1日(木)19:00 〜 21:30
・2019年9月2日(月)19:00 〜 21:30
・2019年10月1日(火)19:00 〜 21:30
・2019年11月1日(金)19:00 〜 21:30
・2019年12月2日(月)19:00 〜 21:30

 

基本的なタイムテーブル

3月1日(金)
19:00-19:15 ワークの進め方についてのガイダンス
19:15-21:00 3人組でワークショップ
21:00-21:30 Q&Aなど(途中退席も可)

 

事前課題
あらかじめ、〈3つのステップ〉を済ませておいてください。

〈3つのステップ〉
①「beの肩書きインタビュー」を書き出す(15分)
②「beの肩書き」候補を選ぶ(10分)
③「beの肩書きヒストリー」を書き出す(15分)

beの肩書き@オンラインの事前課題(個人ワーク)について

 

ご用意いただきたいもの
オンライン会議に必要な環境は、以下のとおりです。

・ビデオ会議ツール「Zoom」をインストールしてください
PC版での参加を推奨していますが、いちおうスマホからの参加もOKとします。ダウンロードはこちら

・マイク付きのイヤホンをご用意ください
話す音がクリアになるだけでなく、ハウリングの防止にも役立ちます。

・ビデオ会議ができる場所を選んでおいてください
カフェのように周りの音が聞こえてきたり、インターネットへの接続が不安定になったりすると、他の参加者にとってストレスになることがあります。なるべく音が静かで、回線が安定している場所から参加してください

*開催前にビデオ会議で使用するURLをメールでご連絡します。

講師/ファシリテーター
兼松佳宏(『beの肩書き: 人生の肩書きは、プレゼントしよう』著者)

 

参加費
2,000円

定員
20名
※最小催行人数 10名
※開講の決定は前日までにご連絡いたします。

締切り
2月25日(日)23:00
※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申込み下さい。

みなさんのお申込みをお待ちしています!

ご質問がある方は、school @ greenz.jp まで!
※グリーンズの学校【よくある質問】まとめました!まずはこちらをご確認ください

【スタッフ】

◎ 講師/ファシリテーター

兼松佳宏(勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師/「スタディホール」研究者)

1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。 2016年、フリーランスの勉強家として独立し、著述家、京都精華大学人文学部特任講師、ひとりで/みんなで勉強する【co-study】のための空間づくりの手法「スタディホール」研究者として、教育分野を中心に活動中。 著書に『ソーシャルデザイン』、『日本をソーシャルデザインする』、連載に「空海とソーシャルデザイン」「学び方のレシピ」など。秋田県出身、京都府在住。一児の父。